ペンギンアップデートによって影響を受けたサイトの傾向と特徴

01566

 

ご存知の方も多いと思いますが、4月末にペンギンアップデートが行われました。これによって多くのサイトにおいて検索順位の変動や、検索から消された事例も報告されていいますが、そもそもペンギンアップデートの内容はご存知ですか?

 

 

Googleはこれまで一定周期ごとに、比較的大きな検索ランキングアルゴリズムの変更や更新を行ってきましたが今回のペンギンアップデートではどのような影響を受けているのでしょうか。

 

 

現時点でアップデートの影響を受けたサイトの傾向として、
内容の薄いサイトや他のサイトをコピーしているようなサイト、

発リンクの多いサイト、更新頻度が少なく、ページ数が100以下のサイトなどが見かけられます。

 

また短期間で大量のリンクを集めているようなサイトや、

被リンク重視のサイトも影響を受けている事例もあるようです。

 

 

 

努力しているサイトが評価されるようになったので、

小手先のSEOテクニックを展開するサイトは順位はあがらず、

泥臭い作業を行っているサイトが順位が上がるのである意味では

弱者救済措置にも思えます。

 

 

ですが、内容をどうしても作り込めない個人運営のアフィリエイトサイトや、
コピペだらけのネットショップなどは淘汰される時代になりました。

 

ペンギンアップデートにより検索順位が落ちた場合の対処法

 

sinsa
現時点のペンギンアップデートによって順位が落ちら原因が特定できたら、
現在の状況、あなたが考えた原因の特定と対応した内容、今後の改善策についてまとめたレポートをGoogleに再審査リクエストを行います。

http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35843

 

上記フォームに詳細を記述して送信して下さい。

あとはGoogleと格闘してくださいね(笑)


 

記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

まずはお気軽にお問合せ下さい

無料相談はこちら

お申込みはこちら

本気の人に限り初回無料

お問い合わせ

WEBマーケティングや各種お問い合わせ、お気軽にどうぞ。
初回に限り無料で相談にお答えいたします。
ヒゴワンはあなたのご要望に挑戦します!

  • お電話でのお問い合わせは
    こちら
  • 0120-914-326
  • 受付時間 10:00〜18:00
    (土日祝を除く)

 

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

株式会社ヒゴワン代表取締役 全日本SEO協会認定コンサルタント googleアドワーズ認定資格者 yahooリスティング認定パートナーまったくの未経験であり、そして全く人脈・社会経験がない状態でのコンサルタントとして指導したにもかかわらず、紹介で全国から顧問契約を獲得し、施工サイト数2000サイト以上の実績を持つ。多業種の広告運用やマーケティングの責任者として指導を行っている。