副業やフリーランスとして人気爆発!ライターになる方法と仕事内容

近年のWEBメディアなどの爆発的な増加に伴い、現在は膨大な量の記事コンテンツが必要とされています。その結果、記事コンテンツを制作するための編集者やライターへのニーズが高まって来ています。

そんな状況にあって転職市場では未経験者でも採用となるケースが多くなっているので、今回は未経験からライターや編集者へ転職するための道のりについてご紹介していきます。

編集とライターという職種の特徴と仕事内容

ライターと編集者は一緒に紹介されるケースが多く、そのため同じ仕事と思っている人もいるくらいなのですがふたつは別のものです。

ライターの仕事内容

まずライターとは単純に記事を書く人のことです。ライターは情報調査をしたり必要ならその調査のために取材をしたりもしますが、そういう調査結果を元に自分自身がベースとして持っている体験や知識を組み合わせて記事に仕上げていきます。

業務の延長上には写真撮影・カメラマン手配、構成案の作成、取材する場合には取材先へのアポイント調整などもありますが、仕事の本質はあくまで記事の制作となります。

編集の仕事内容

一方編集は、コンテンツの方向性の決定やコンセプトの企画であり、想定する読者像をはっきりさせてコンテンツ全体を制作していく仕事になります。なので編集の業務のフィールドは自然と広くなり、ライターのアサインからレギュレーション制作を皮切りに、制作指示・管理等のディレクションも行います。ライターからの記事のチェックや校正も編集者が行います。

コンテンツ全体のコンセプトなどは編集者が一番内容を熟知していることから、時には編集者自身がライティングすることもありますし、その他にも人員の問題やアサインの関係で編集者がライターを兼務するケースも出てきます。

このように専門的な仕事になるので編集者とライターは特定の会社に勤務する社員としての働き方だけではなくて、フリーランスとしての活躍の場もあり独立しやすい仕事と言えるでしょう。転職を目指す時には独立や自分にあった働き方や労働時間なども踏まえ、自分の将来像を描いて考えることをお勧めします。

未経験からライターに転職する方法

編集とライターの世界ではたとえ未経験であっても、それまでの自分の職業経験を有効に活かせるシーンが数多くあります。ただ、編集の仕事の場合はいきなり編集ではなくてまずはライターからはじめるケースが多くなります。

実務経験と専門知識を活かす

自分のキャリアの中での実務経験を活かして専門分野のライターとして活動フィールドを得ることができます。具体的に言うと、経理部門での経験を活かして金融関連のコンテンツを書く、不動産の経験を活かして不動産事情についてのコンテンツで活動する、などです。

実務またはその職業の専門的な資格を持っていれば、税務や法務、技術や建設など様々な分野で強味として有効に活かすことが可能となります。高度に専門的な分野で仕事ができるライターや編集者は付加価値が高く給与水準も高くなります。

オールラウンダーとして活躍する

そうは言っても誰にでも専門的な資格や経験があるわけではありません。その場合にはオールマイティーなプレーヤーとしての活躍を目指しましょう。

実際WEB業界の特徴として異なる分野にまたがって複数のコンテンツを運営している企業が多く、どんな分野のコンテンツでもライティングできるし編集できる、そして業種にこだわらず対応可であるというのは大きなアドバンテージになります。

そうなるためには幅広い情報や知識をもつ必要があるので、日常的にインターネット検索で情報取得する習慣を自分の中で形成し、世の中のいろんなトレンドを見逃さないようにすることが大事です。そうした努力によって情報感度・収集力能力が高まれば企業からの評価は高いものになっていきます。

自分のブログをもっていると良いアピールになる

今では無料ブログを使って簡単にブログを書けますしwordpressを使えば自分で細かな設定もできます。そんなブログを自分でも運営していると転職に際して有利に働きます。

ただ作りっぱなしではだめでやはり定期的に更新してかなりの量の記事が貯まっている状態が望ましいです。文章を書き慣れているというのはライターでも編集でも企業側からみると安心材料だし、ましてそのブログのアクセスが多かったりすれば文章力や編集力、コンテンツ作成能力が高いと判定されるのでとても有利になります。その際、一点注意すべきは自分のブログが内容的に他者批判や世の中の批判ばかりだったりとか、文章がきちんと整備されていないものばかりだとマイナスイメージだけ持たれてしまうので気をつけましょう。

経験者が編集やライターに転職する方法

これまで未経験者のケースを見てきましたが、当然経験者の場合はさらに転職は有利になります。ここではライターからライターへ、編集から編集という横滑りのケースではなくて職種が変る場合を考えてみたいと思います。

ライターから編集者を目指す

ライターとしての経験を積んだ人が今の会社では中々編集になれない場合に、転職で編集を目指すことも多いと思います。ライターの経験は編集にも活かされますから転職には有利に働くと言っていいでしょう。

ライターとしてたくさんの文章を目にしていることに加え、ディレクションの際にライター業務を熟知しておりライターの気持ちも理解できるので、コンテンツ制作をよどみなく進めることができるというわけです。

さらに何らかの事情でライターが不足したり既存のライターで対応できないようなことが起こったときに自分で書いて解決できるわけなので、企業にとってはリスク回避ができることからそういう観点からもライター出身の編集者は重宝されます。

編集者からライターを目指す

逆に編集者からライターになりたい場合はどうでしょうか?ライティングの経験の量で行けばライターからライターへの横滑りに劣りますが、ライティングに編集者の目が直に入ることで編集目線の優れた記事になることが予想されます。

なのでこの点は大きな強味になるでしょう。求められているコンセプトや媒体の注文先企業の要望なども事前に汲み取りながら記事が書けるのは編集者経験の賜物と言えるでしょう。

自分の実績を取りまとめておくことが大事

業界経験を活かす形で同じ業界に転職するなら先方の企業は今の会社での実績を必ず聞いてきます。なのでいざ転職するときにあわてて自分の実績を取りまとめるのではなくて、常日頃から自分の実績を整理しておくことをお勧めします。そのことが自分の日常の仕事への問題意識も醸成しますし、自分自身がより向上するための参考にもなります。

そしてそれらを転職の際に伝えるときには日ごろから考えていることなので、先方の会社にも的確に伝わって行きます。どのようなコンテンツにどんな風に関わってきたか、WEBメディアであれば関わったコンテンツのアクセス数などまで把握できているととても分かりやすい話になります。

ライターや編集者にとって、今の会社での実績が転職への大きなアドバンテージとなるので今の仕事に打ち込むことは結果として転職にも有利に働くのです。

経験者でも未経験者でも転職に有利に働く資格

編集者やライターの仕事は特別な資格がなくても業務に影響はありませんが、転職に際してはしっかりと勉強しているという好印象を与えるので、たとえば以下の資格は転職に有効と言えます。

●WEBライティング能力検定
● WEBリテラシー試験
● 校正士
● ビジネス著作権検定

ライターはこれから重宝される職種

編集やライターへの転職は手に職を持つことになります。

冒頭お話したように、現在はWEb媒体などをはじめ記事コンテンツへのニーズが爆発的に高まっています。新規の制作はもちろんいったん作られたコンテンツでも時期がくればリニューアルされたり廃止して作り直したりもしますので、そのニーズが潰えることは当分の間考えられないといっていいでしょう。

そんな時代の中で記事コンテンツなどの編集やライターができるのは手に職をつけることになるので職業上の安定度は抜群といっていいでしょう。

未経験であればこれからその技能を身に着けるために、経験者であれば自分がより活躍できるフィールドを見つけるために、編集者やライターへの転職を目指して行かれると良いと思います。