Google Adsenseでクリック単価・クリック率を上げる方法と広告配置

adsenseが稼動した当時はadsenseだけで月収100万にいったとかいうアフィリエイターもいましたが、いまや単価も軒並み下がり、月収10万も難しい時代になりました。それでもなおアフィリエイターの中ではGoogle Adsenseは人気ですよね。

Googleアドセンスの特徴はそのページに関する情報を読み取り、そのページにマッチした広告を配信するので一般の広告に比べクリック率が高いのが特徴です。

しかし、問題もあります。私は1日に3万アクセス以上を誇るサイトなど、大量アクセスがあるスポーツのサイトをいくつかを持っていますが、グーグルアドセンスを貼っていても、クリック単価が低く、クリックが多くてもたいした金額になりませんでした。

そんな中でクリック単価を上げるにはどのような方法があるのかを今回解説したいと思います。

特定のウェブサイトからの広告をブロックする

通常、Adsenseは広告主によって、クリック単価が変わります。広告費の少ない広告主だともらえるクリック報酬が1円となることもあります。

Googleに広告を配信してもらい、アクセス数を稼ぐために広告主は、『キーワード』を選びます。ですが、競合が多いキーワードは1クリックあたりの費用が値上がりするので、それに近いニュアンスのキーワードをいくつも安い単価で契約する業者もいるわけです。業者によって安いキーワードを何百と契約するところもあります。

つまり・・・そういう広告が配信された場合、クリック単価は恐ろしく安い単価の報酬しか受けることが出来ないということです。

この恐ろしく安い単価の広告は、ただクリック単価が安いだけでなく、様々なキーワードを取得しているため『よく配信されてきます』

そこで、特定の URL からの広告が表示されないように設定するには「ブロックのコントロール」 タブを使用します。

 

 

そして、サイドに表示されている掲載URLをクリックすると、現在表示されている広告が表示されますので、ここでコントロールができます。

ここれ不要な広告を除外するだけでも、少なからず広告クリック単価が上がります。

少なくともスパムのようにAdsenseに配信される広告を消す事で、ただでさえ減少傾向にある平均クリック単価も少しは上昇していくはずですよ。

クリック単価の高いキーワードで対策する

そもそも、クリック単価の高いキーワードで対策するという方法も一つはあります。単価が高いジャンルでサイトや記事を作成すればいいということですよね。美容や婚活やSEOなど、クリック単価の高いジャンルはたくさんあります。しかし、クリックの単価の高いジャンルはそれだけライバルが多いわけです。

そこでSEOの出番です。サイトを作成する前に十分にテーマを絞って、複合キーワードでSEO対策をすることで単価の高いサイトでも十分にアクセスを集めることができるわけです。かなり単純ですが、これが王道のAdsenseで稼ぐ方法というわけです。

アドセンスはアフィリエイトと違い、物が売れる売れないに関係なく、誰かがクリックするだけで報酬がもらえるシステムです。とにかく広告主が多く、いろんな広告を提供してもらえるので、広告に困ることはありません。

高単価のキーワードである「ローン」で入力してみた結果は以下の通りです。

不動産ローン ¥1,632
ローンキャッシング ¥1,209
おまとめローン ¥1,246
不動産担保ローン ¥1,777
カードローン ¥1,350
アットローン ¥1,608
ローンカード ¥1,350
ビジネスローン ¥1,440
フリーローン ¥1,199
ローンフリー ¥1,199
キャッシングローン ¥1,209
ローンまとめ ¥1,065
まとめローン ¥1,065
ローン一本化 ¥1,068
サラリーローン ¥1,808
インターネットローン ¥1,471
主婦ローン ¥1,052
ローン情報 ¥1,096
出産ローン ¥1,004
クレジットローン ¥1,135
一本化ローン ¥1,068
ローンスター ¥1,167
スタローン ¥1,397
シンジケートローン ¥1,960
担保ローン ¥1,578
ローンクレジット ¥1,135
商工ローン ¥1,498
東京ローン ¥1,189
ローン不動産 ¥1,632
低金利ローン ¥1,651
ローン担保 ¥1,578
銀行カードローン ¥1,027
ゾンビローン ¥2,853
消費者ローン ¥1,164
三井住友カードローン ¥1,078
ローン会社 ¥1,191
ローン低金利 ¥1,651
無担保ローン ¥1,238
オリックスvipローン ¥1,386
事業者ローン ¥1,085
vipローン ¥1,420
オリックスローン ¥1,695

 

Google 広告の掲載位置

ページのコンテンツによって異なりますが、クリック率の高い広告の掲載位置については、次のようです。

  • ユーザーが自分のサイトから得ようとしていること
  • ユーザーが特定のページを表示してから実行すること
  • ユーザーが注目しそうな場所
  • ユーザーの邪魔にならない場所に広告を掲載するには
  • 見やすく、よく整理された魅力的なページにするには

 

収益性の最も高い場所が濃いオレンジ色、最も低い場所が薄い黄色と、グラデーションで表されています。その他の部分では、スクロールせずに見える範囲の広告の方が、スクロールしなければ見えない位置の広告よりも収益性が高くなる傾向があります。また、魅力的なコンテンツやメニュー付近の広告の方が、通常その部分に注意が向くためクリック率が高くなるそうです。

 

また、個別ページにおいては記事の末尾の真下に配置した広告は効果が高い傾向にあります。その理由は記事を読み終えたユーザーが、次の動作を探して視線を記事の下へ自然に移動させるためです。livedoorなどの大型サイトが記事の真下に広告しているのはこのためですね。

Google Adsense推奨のサイズ

Google Adsenseで最もクリック率が高いとさせているサイズは、336×280、300×250、160×600といった大きめのサイズとなっています。サイズの示すとおり、できるだけ大きいサイズのほうがクリック率が高いということです。

 

まあ、そりゃそうですが・・・。

 

これらのサイズのなかから、使用するサイトのデザインに最も適したものに使用してみてください。また、最もクリック率の高いリンク色についてですが、やはりリンクといえば「WEB標準の青」です。

より効果的にクリック率をあげるためにも、通常のテキストに青色文字を使うことは控えておいたほうがいいでしょうね。Adsense 背景色もサイトの背景と同色にするのが無難ですね。

まとめ

大事なことは、スクロールせずに見える範囲内に大きな広告ユニットを配置すること、そしてページ レイアウトに応じて、広告のフォーマットには基本的にはレスポンシブル、記事の下には関連コンテンツ型の広告の使用をおすすめします

あらゆるウェブサイトがこのような結果になるわけではないので、とにかくいろいろテストしてみて収益の動向をチェックしてみましょう。これがAdSenseで稼ぐコツです。


 

記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

まずはお気軽にお問合せ下さい

無料相談はこちら

お申込みはこちら

本気の人に限り初回無料

お問い合わせ

WEBマーケティングや各種お問い合わせ、お気軽にどうぞ。
初回に限り無料で相談にお答えいたします。
ヒゴワンはあなたのご要望に挑戦します!

  • お電話でのお問い合わせは
    こちら
  • 0120-914-326
  • 受付時間 10:00〜18:00
    (土日祝を除く)

 

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。