“ロングテールSEO”ユーザーの視点に立ってSEOを施行してますか?

long_tail2

SEO対策をする上でキーワード選定は最も重要ともいえる要素になります。

ではキーワードの選定って、どんな考えで行っていますか??

とにかくアクセスがあるビッグキーワードですか??

そこで重要なのはユーザーがなにを求めているのかを考え、

それにあわせたSEO対策を施行することになります。

 

当たり前といえば当たり前ではありますが、

アクセス数の多いキーワードほど単語が短いことになります。

この場合、ユーザーがどのような考えで検索してたどり着いたのか、

まったくわかりませんね。

ビッグキーワードでのSEO対策が困難だといわれる所以です。

 

ビッグキーワードを解析したとしても、

あいまいなニーズを知ることができるにしか過ぎません。

 

そこで、大量のアクセスがあるキーワード以外に、

すこーししかアクセスのないキーワードをチェックしてください。

そのキーワードが案外お宝だったりします。

 

 

たとえば、ビッグキーワードでSEOをかけて

1日1000件アクセスを集めて成約が1ヶ月で5件だった場合。

 

そして、スモールキーワードで下層ページを5ページずつ作成して、

1ページの1日のアクセスが10程度であったとしても

成約が1ページにつき1ヶ月1件以上見込めることがあります。

 

 

それこそ、

検索者のニーズに合ったキーワードということになります。

 

こういったお宝キーワードを探しつつ、

濃いアクセスを集めることがアフィリエイトや企業サイトにとって、

よりよいSEO対策ということになるんです。

 

これこそがロングテールSEOというわけですね。


 

記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

まずはお気軽にお問合せ下さい

無料相談はこちら

お申込みはこちら

本気の人に限り初回無料

お問い合わせ

WEBマーケティングや各種お問い合わせ、お気軽にどうぞ。
初回に限り無料で相談にお答えいたします。
ヒゴワンはあなたのご要望に挑戦します!

  • お電話でのお問い合わせは
    こちら
  • 0120-914-326
  • 受付時間 10:00〜18:00
    (土日祝を除く)

 

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

株式会社ヒゴワン代表取締役 全日本SEO協会認定コンサルタント googleアドワーズ認定資格者 yahooリスティング認定パートナーまったくの未経験であり、そして全く人脈・社会経験がない状態でのコンサルタントとして指導したにもかかわらず、紹介で全国から顧問契約を獲得し、施工サイト数2000サイト以上の実績を持つ。多業種の広告運用やマーケティングの責任者として指導を行っている。