amazonセラーセントラルの権限付与のやり方・手続きについて

今回はamazonのセラーセントラルへのユーザー権限の設定方法について解説したいと思います。でセラーセントラルアカウントは通常、登録したメールアドレスでログインした本人だけが様々なツールを使える状態になっています。ここに業務に関連するユーザーに対して各種アクセスの権限を追加することができます。

その際に、ユーザごとに権限を変えることができるますので、「商品登録だけ」「価格変更は不可」といったように範囲を設定することができます。これをうまく使えば外注なんかにも活用ができそうですね。では早速ユーザー権限の手順を確認していきましょう。

アマゾンセラーセントラルユーザー権限の設定方法

セラーセントラルのトップページの設定の ユーザー権限をクリックしてください。

ユーザーの招待

こちらを押すと次のような画面になりますので、追加したいセラーセントラルに使用するアドレスを入力します。

すると記入したメールアドレスにアマゾンからメールが届きます。

アカウントの作成

そちらに記載されているURLを開くと以下のような画面になります。

左がまだメールアドレスに紐づいているアカウントがない場合に出る画面で、

右がすでに紐づいているアカウントがある場合に出る画面です、この内容を記入して進めてもらってください。

ユーザー権限の管理

その後、アカウント開設者のユーザー権限ページにユーザーが追加されていますので、解説者がログインしてアクセス権限の管理を押してください。

ここでそのアカウントが確認編集できる項目を選ぶことができます。

レポート、 設定などを操作できる項目を自由に選べますので、必要に応じてチェックしてください。

以上が設定方法です、簡単ですので是非ご利用ください。

その他アマゾンに関するページはこちら

>>アマゾンのSEO対策について

>>アマゾンセラーセントラルの退会方法について


 

記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

まずはお気軽にお問合せ下さい

無料相談はこちら

お申込みはこちら

本気の人に限り初回無料

お問い合わせ

WEBマーケティングや各種お問い合わせ、お気軽にどうぞ。
初回に限り無料で相談にお答えいたします。
ヒゴワンはあなたのご要望に挑戦します!

  • お電話でのお問い合わせは
    こちら
  • 0120-914-326
  • 受付時間 10:00〜18:00
    (土日祝を除く)

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

株式会社ヒゴワン代表取締役 全日本SEO協会認定コンサルタント googleアドワーズ認定資格者 yahooリスティング認定パートナーまったくの未経験であり、そして全く人脈・社会経験がない状態でのコンサルタントとして指導したにもかかわらず、紹介で全国から顧問契約を獲得し、施工サイト数2000サイト以上の実績を持つ。多業種の広告運用やマーケティングの責任者として指導を行っている。