急激な被リンク増加は本当にペナルティの対象になるのか??

21

 

今に始まった話ではありせんが、SEO対策において、被リンクの急激な増加はGoogleからのペナルティを受ける可能性が高いといわれていますよね。ですが・・・必ずしも急激に被リンクが増えればペナルティに成るかというと・・・必ずしもそういうわけではないんです。

 

 

私の体験談も踏まえて話しますが、被リンクが急激に増えても、ペナルティーを受ける事なく順位を上昇させることができる方法があります。ではそれは何かといいますと・・・

 

 

 

「コンテンツが厚く人が集まるサイト(人気サイト)にすること。」

 

 

 

・・・いや、まあ当たり前な話かもしれませんね(笑)

 

そもそも、サイトの被リンクが増加するものとして、

 

 

  • tweet やfacebookからのリンク
facebooktwitter

 

  • ソーシャルブックマークを使う
1293502738

 

  • ニュースサイトなどの他社サイトで紹介される
unnamed

 

 

あとは、自社サイトを更新して内部リンクを増やす・・・といったものです。そこで、あなたのサイトに人があつまるのであれば、おのずと上記の動作を訪問者が行うでしょう。その結果、勝手に被リンクが増えていくわけです。

 

たとえば、私が運営する野球サイトでは、何百ページというページ数があり、内容はすべてオリジナルの文章で作成しています。その結果、ヤフーニュースなどでも取り上げられるようになり一気にアクセスが発生することがありました。それにより、被リンクも一気に増えていきました。

 

 

 

急激な自然リンクを狙って発生させる事自体簡単ではありませんが、とにかく濃いコンテンツを作って、それを宣伝して注目を集めることができれば一気に被リンクを集めることは可能ということになります。

 

大型サイトなどで取り上げられれば当たり前に被リンクが一気に増えます。それは確かに不自然な増加かもしれませんがそれでもペナルティを受けることはけしてありません。

 

 

なぜなら、人気があるサイトには人が集まる仕組み(内容)があるからです。逆に言えば人が集まらないサイトは内容が薄いわけです。しっかりと内容を作っていけばアクセスも被リンクも一気に増えるでしょう。そうすればペナルティを受けることは絶対にありえません!!

 

というか、そんな急激な数の被リンクを短時間で増やすことは物理的にできないはずです。自動ツールを使えば可能かもしれませんが、一定の箇所から被リンクが一気に発生すればどう考えてもおかしいですよね。それはgoogleにばれます。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    國武直樹

    合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。