「2chまとめブログ終了」から学ぶステルスマーケッティング(ステマ)問題

g86

 

先日、ハム速などの有名2chまとめブログ終了・・・その背景とは??という記事を公開しましたが、そもそも今回問題となった「ステルスマーケッティング」、通称=ステマってご存知ですか??最近でいえば食べログで大きな問題になったので名前くらいは聞いたことはあるのではないでしょうか。



ステマ」とは「ステルスマーケティング」の略で消費者に宣伝と気づかれない形で広報を行う事で、インターネット上では特にブログや2ch、Twitterなどのメディアで企業側の人物があたかも単なる1ユーザーの様な形で特定の商品やサービスを賞賛する書き込みを行うことがあります。

 

例えばブログにおいて、アニメのTV版とブルーレイ版の比較をしブルーレイ版を讃える記事をブルーレイ販売企業からの指示で書くことや、Twitterにて多くのフォロワーを持つユーザーが企業からの依頼で特定の商品を使っていることをつぶやくなどがこれに挙げられる。企業が自らブログを立ち上げることもある。
宣伝という形に見えないため有効に働く事が多いが、その手法が消費者に露見した時には評判を落とす危険性がある。

 

2chにおいて商品やサービスを賛辞する投稿が販売企業のリモートホストからであることからステマがバレてしまった事例や、最近では某アニメ制作会社が某まとめブログのアフィリエイトIDの入ったリンクを公式サイトに掲載し、ステマ疑惑がとりざたされた事例もある。

 

他にも杉浦太陽と石黒彩のブログにおいてクリアクリーンを紹介した記事に酷似した文章が掲載されているなど、ステマと推測される事例は多数存在する。

※引用:ステマとは ネットビジネス-意味-定義-元ネタ-解説:ネット用語辞典


 

最近話題になったのが食べログの問題。謝礼を取って、「おいしい」「また行きたい」といった好意的な感想(レビュー)を投稿してランクを上げる「不正業者」が39社あると、食べログの運営会社・カカクコムが発表したという事件があったのは記憶に正しいですね。

 

image_ranking01

 

ちなみにレビューが検索順位の対象となる楽天市場や、購入者以外でもレビューできるamzonでは特に問題になっていると思います。自作自演のレビューによって購入者を惑わせるステマは非常にインターネットにおいて問題ではあると思います。

 

一見して明らかに自作とも思えるレビューが多く、うそをうそと見抜けないのは消費者の責任ではあるのかもしれませんが、いままでこういう自作自演に対してなんの罰則が無いというのもおかしな話ではあります。今回の2chまとめブログも、結局企業が絡んでいたようですね。詳細は以下のとおり。

 


【これまでの流れ】 (総集編)
▼まとめブログのステマに利用されるのを嫌った2ch住人が、まとめ・転載禁止の「嫌儲板」に移住を開始
↓まとめブログ「はちま起稿」、移住を揶揄する偏向記事をブログに投稿→嫌儲板に怒りのスレが立つ
↓はちまの同級生のネット上の発言から、出身校や本名などがバレる
↓はちまの父親の会社がはちま起稿を運営をしていた事がバレる
↓はちま、自ら企業との繋がりを認め、引退宣言→その後も今まで通り更新は続く

 

▼はちま等、多数のブログ上の広告が分析され、ステマ仲介業者「DECCI」が発見される
↓DECCIの企業情報から本社・支社のビルの調査が進み、怪しい企業が次々発見される
↓DECCIのビルが現地調査される(動画あり)→なぜか新宿支社ビルにDECCIの名は存在しなかった
↓新宿支社の同フロアには中華系コンサル企業やアジア人材派遣業者や反原発市民団体などが密集
↓DECCIの活動内容と上記団体の活動の多くが一致
↓別の支社からは「ブログ記事制作代行業者」が発見され、他にも多くの怪しい企業が芋づるで発見される

 

 

▼はちまの父親の会社「KND」の調査から、「オープンドリーム」と「WillVii」が発見される
↓WillViiの運営する「みんぽす」などでソニー持ち上げ工作が行われていた疑いが濃厚に
↓WillVii「アメリカの協議会『WOMMA』に準拠した厳しい体制でやっているウチは潔白!」と記事を打つ
↓そのWOMMA自体がやらせクチコミやグリーンピースの自作自演を表彰するような機関であると判明
↓開き直ったはちま、WillViiからの依頼と明示してソニー絶賛体験会記事をブログに投稿

 

▼はちまが招待された「ブログ飯」の調査が進む→ライブドアによるブロガー囲い込みが発覚
↓2009年頃を境に、大量のアフィブロガーがライブドアに誘致されていた事が判明
↓関連ブログを調べると、企業とブロガーを繋ぐ「Livedoor BR」活動の公式PDF資料が発掘される
※疑惑企業側の反論「金銭をブロガーに渡して記事を書かせたワケではない」
→対して、「はちまは企業ブログだったため、金銭の動きがあったと考えるのが妥当では?」という反論も
※無料招待や物品貸与等があっても公正なクチコミに繋がるのか、という点はマスコミでもよく議論されている
※消費者庁によってステマの法規制が始まった

※引用:【2chまとめブログ】はちま寄稿と真っ黒悪質ステマ企業たち★210


 

ちなみに、まだ2chまとめブログの最大級サイト、痛いニュースが残ってますがコチラはどうなるんでしょうかね。まだまだこの案件は目が話せません。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。