アドレスにwwwの有り無しでのSEO効果の違い

286

 

ドメインの前にwww はあった方がいいのか、ない方がいいのか。それと、有り無しでSEOに差が出るのか。このサイトでいえばhttp://www.afidou.com/か、http://afidou.com/のどちらかというわけですが、基本的には同じ内容が表示されているはずですね。以前から話題になっていることですが、個人的には企業サイトやサブドメインでサイトを作る予定があればwwwを入れる、それ以外はwwwを抜く、で統一すればいいのではないでしょうか。ではSEO対策で差はでるのでしょうか。

 

 

 

バックリンク対策としてヤフーカテゴリサイトに登録することが効果がある時代にはヤフーカテゴリーにお金を払って登録していた方もいると思います。その際に、www 抜きで申請しても、www 付きで登録されてしまいました。

 

 

 

 

以前、検索エンジンでは、www ありと www なしのサイトは、別モノであると認識していたのでwww なしで被リンクを集めていたサイトは、せっかく登録されても効果が分散されるといわれていました。

 

 

 

ですが・・・検索エンジンも成長します。現在はwwwがあってもなくても同一評価の対象になっているという話もちらほらあります。いずれにせよ、今後はこのwww有り無しも関係ないようになるとは思います。

 

 

 

ですが・・・結局のところ、ユーザーがアドレスを覚えやすいように有り無しと統一する必要はあります。

 

 

 

wwwが無いほうがアドレスは覚えやすいですが、

wwwがあるサイトは大型サイトのようなイメージがありますね。

 

 

 

あとはあなた次第というわけです。

 

 

URLをwwwあり、wwwなしのどちらかに統一する方法

 

.htaccessを使いページのURLを正規化することでユーザーがアクセスした時や検索エンジンが認識する時のURLをwwwありかwwwなしかに統一することができます。

 

方法ですが、まず.htaccessを作ります。

メモ帳などのテキストエディタでhtaccess.txtなどと保存し、サーバにアップロードする際に.htaccessと名前を変えてアップロードします。

 

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

 

と記述し、htmlを置いているルートディレクトリ(トップディレクトリ)にアップロードします。

 

 

URLをwwwなし(http://example.com)で統一する場合は.htaccessに

 

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

と記述し、htmlを置いているルートディレクトリ(トップディレクトリ)にアップロードします。

 

以上、簡単でしょ??


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。