ペンギンアップデートによって影響を受けたサイトの傾向と特徴

01566

 

ご存知の方も多いと思いますが、4月末にペンギンアップデートが行われました。これによって多くのサイトにおいて検索順位の変動や、検索から消された事例も報告されていいますが、そもそもペンギンアップデートの内容はご存知ですか?

 

 

Googleはこれまで一定周期ごとに、比較的大きな検索ランキングアルゴリズムの変更や更新を行ってきましたが今回のペンギンアップデートではどのような影響を受けているのでしょうか。

 

 

現時点でアップデートの影響を受けたサイトの傾向として、
内容の薄いサイトや他のサイトをコピーしているようなサイト、

発リンクの多いサイト、更新頻度が少なく、ページ数が100以下のサイトなどが見かけられます。

 

また短期間で大量のリンクを集めているようなサイトや、

被リンク重視のサイトも影響を受けている事例もあるようです。

 

 

 

努力しているサイトが評価されるようになったので、

小手先のSEOテクニックを展開するサイトは順位はあがらず、

泥臭い作業を行っているサイトが順位が上がるのである意味では

弱者救済措置にも思えます。

 

 

ですが、内容をどうしても作り込めない個人運営のアフィリエイトサイトや、
コピペだらけのネットショップなどは淘汰される時代になりました。

 

ペンギンアップデートにより検索順位が落ちた場合の対処法

 

sinsa
現時点のペンギンアップデートによって順位が落ちら原因が特定できたら、
現在の状況、あなたが考えた原因の特定と対応した内容、今後の改善策についてまとめたレポートをGoogleに再審査リクエストを行います。

http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35843

 

上記フォームに詳細を記述して送信して下さい。

あとはGoogleと格闘してくださいね(笑)


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。