SEOに強いページタイトルの設定を考えよう

img_j029
 
サイトのタイトルも重要ですが、サイトタイトルばかりを考えすぎてページのタイトルをおろそかにしていませんか??サイトのタイトルも、ページもタイトルも重要なのはそのページに一つ狙ったキーワードを設定するということです。ようするに、トップページだけでなく、下層ページすべてにSEO対策を行うということが重要脱だってことです。同じページタイトルなんてもってのほかです。

 

 

タイトルタグはページのSEO評価で最も高いよう外さえ言われています。SEOの基本ともいえることですが、狙いたいキーワードほどタイトルの文頭に入れるほうがクローラーのアルゴリズム上有効です。
 
 
 
例を挙げれば・・・
 

 

 

■トップページのタイトルタグ

 

<title>熊本のホームーページ製作なら「SEOネット」</title>

 

■ページのタイトルタグ

<title>熊本市のホームページ実績を紹介いたします|SEOネット</title>
 
 

 

というような感じですね。自分のホームページ名やお店の名前をタイトルの文頭につけてしまうよりも、そのページで集客したいキーワードを先頭に入れるほうがSEO的には有効です。まあ、ホームページ名を入れるのであれば文末に入れるのように心がけましょうってことです。

 

 

さらに、タイトルタグ内の文字数も30文字に入れるのが望ましいですね。それは、検索結果で表示されるページのタイトルが30字程度なので、ユーザーにとってなんのページなのかがわかりやすくなるためです。どんなに検索結果が上でも、興味をもたれないでページを見られなければ意味がないですからね。

 

 

また、タイトルにも文章にも、狙うキーワードを入れるのは重要ですが、キーワードをよくばったり、入れすぎるのも逆効果です。複数キーワードを入れすぎるとクローラーが、ページのテーマがなんなのかを理解することができませんし、狙うキーワードを入れすぎても過剰SEOと思われかねません。

 

 

どんなにトップページに対してすぐれたSEO対策を行っていても、下層ページのSEOが弱ければいまの時代なかなか検索順位が安定しません。しっかりとメインキーワード+複合キーワードを考えて記事を作ること。この最初の作業を重要視しないと順位がいつになってもあがらないですよ。

 

キーワードを設定したらしっかり被リンクをかけよう!

 

タイトルタグの設定+複合キーワードを考えて、それに合わせて文章をきちんと作って公開したら、あとはしっかりと被リンクをかけましょう。被リンクをかける上でおすすめのツールがDeep Registです!

 

Deep Registの徹底検証&豪華購入特典付きレビュー


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。