ドリームキーワードアフィリエイトやB-tube-ATLASの自動投稿はスパム判定になるのか??

17

 

現在、自動投稿ツールといえば、ドリームキーワードアフィリエイトや、B-tube-ATLASといったものがあります。その名前のとおり、「完全自動で記事を投稿するツール」なんですが、使い勝手がいいということでさまざまなアフィリエイターが使用しているようですね。ですが、自動ということは何かスパム判定を受けるようなイメージがありますが実際のところはどうなんでしょうか。

 

 

この「B-tube-ATLAS」「ドリームキーワードアフィリエイト」の二つの自動投稿ツールですが、商品の詳細といえば以下のような内容となっております。

 

 

■B-tube-ATLAS

半年前に発売された「B-tube-MAX」の進化版。ブログ記事の自動生成と自動投稿をするツールです。 PC上で起動するツールですので、初心者の方でも気軽に使うことができるツールです。

B-tube-Atlas

 

 

■ドリームキーワードアフィリエイト

dreamkey

 

名前の由来は「就寝中、夢(ドリーム)を見ている間に、キーワードから
生成したブログの記事を自動で投稿して、ついでにアフィリエイト報酬をGETしてしまおう」というツールのコンセプトから作られた自動投稿ツール。

 

 

ぶっちゃければ自動投稿ツールは使わないほうがいいですよ!

 

一見すればかなり有効なツールにさえ思えますが、実は大きな問題があります。

 

■スパム問題

■著作権問題

 

まずスパムの問題についてですが、これらのツールはニュースサイトの文章や、youtubeの動画などを引用して投稿するわけですが、完全に他サイトの文章の丸パクリなので、「オリジナル文章でない記事」は非常に評価が悪いです。

 

 

このツールを使って、通販サイトへのアクセス対策として複数のブログに使用していた知り合いの会社があります。よくアフィリエイターの方で、「1日2,3記事の使用なら問題ない」とおっしゃる方がいますが、この使用方法でこの会社はGoogleからペナルティと警告文を受けました。どう考えても安全なツールとはいえそうにありませんね。

 

imagesCAXDTUVB

↑警告文のサンプル( 海外SEO情報ブログさまより引用)

 

次に、著作権についての問題ですが、このツールは先ほど記述したとおり、ニュースサイトの文章や、Youtubeの動画を勝手に引用しているので完全に著作権違反ですよね。

 

 

最近は著作権違反への取り締まりが厳しく、動画サイトへのリンクを貼っていただけでも幇助の対象とさえなりえます。もちろん、アップロードの場合は逮捕の可能性も高くなりますし、幇助の場合でも最悪逮捕となります。

 

 

著作権等の侵害者> 著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害した者(119条1号), 3年以下の懲役,または 300万円以下 (法人は、1億円以下の罰金、またはその両方と非常に大きな罪となっています。

 

 

ほとんどのアップロードされた動画は無許可の違法動画なので、それを自分のブログに貼って収入を得る行為は犯罪に加担しているようなものです。そんなグレーな行為をしてまでリスクを抱えたアフィリエイトはする必要はありません。

 

 

そう考えたら、ぜんぜん有効なツールとは言えず、ただの爆弾ツールだとしか思えません。自動投稿ツールでニュース記事を引っ張ってきて、その引用文よりも長い文章を自分で修正・記述すれば対応できるかもしれませんが、これではもはや自動投稿ツールを使用する意味がありませんね。自動投稿ツールのような、「楽して稼げる」なんてものはそれだけリスクが高いということです。時間がかかる、泥臭い作業を進んで行うことがご自身のためにもなりますよ。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。