たまに見かけるアフィリエイターが逮捕されたという話

先日とあるアフィリエイターが逮捕されましたね。アフィリエイターが逮捕されるなんて、よっぽどのことをしてなきゃなかなかありえないのですが、いったい何があったんでしょうか??

 

今回の容疑としては、「アフィリエイトで稼ごうとして、全国のパチンコ店やゲームセンターのトイレ2600か所にアドレス彫り器物損壊容疑で逮捕されたというもの。(容疑者の名前はプライバシー保護のため記載しません)

 

アダルトサイトに移動できるリンク集のHPを開設してそこに誘導するためにURLを約2600か所に彫り計約66万円稼いだそうです。本人の供述によれば、「楽してもうけたかった」などと供述したそうです。

 

正直2600ヶ所にアドレスを彫込むというのはある意味ではすごいことだと思いますが、努力のかけかたが間違えてますよねww全国をまわるくらいなら自作でもいいので被リンクを増やすほうがよっぽど効果的だと思いますが・・・。

 

ただ、今回はこういう理由での逮捕ですが、アフィリエイトをする上でこのように法律に反する可能性があることはあります。

 

2007年には、学習研究社が発行する書籍「最新版香水の教科書」の文章のほぼすべてとなる109章分を無断で複製し、自身が運営するウェブサイトに掲載していたとして著作権違反で逮捕された者も。月10万円ぐらい稼いでいたそうですが、リスクに見合わないのでは??

 

アフィリエイト活動を行う際には、楽な方法で稼ぐことはできません。

改めて自分の行動を見つめなおすことが重要でしょうね。

 


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。