記事(文章)を最後まで読んでもらうためのコピーライティング法

どんなにいい記事を書いても最後まで読んでもらわなければ意味がありませんね。特に年配の方等はインターネットの文字は苦手ですね。ブログやWebサイトで文章を書く際には、文章の書き方には気をつけなければなりません。

 

 

 

構成が長くなってしまったら、見出しを入れましょう。自分の書きたい事を何点かに分けてみましょう。どんなにあたながすごい内容のよい記事を書いたとしても、それをダラダラと書いてしまうと最後まで読んでくれない人が出てきてしまいます。よほど読者がその記事に興味のあることが書いているなら別ですが、途中で読まれなくなってしまっては勿体ないです。

 

 

改行一つで最後まで見てもらえるようになる確率はぐっと上がります。3~5行の文が出来上がったら、そこで1行改行を入れておくだけで驚くほど見やすくなるのです。

 

 

コピーライティングは一朝一夕で身に付くものではありません。地道なインプットとアウトプット、フィードバックを繰り返しによって少しずつ身に付いていきます。時間をかけて身に付けるからこそ”一生使える”スキルになります。

 

 

また、1記事1テーマ、話は共通した話題を書きましょう。コピーライティングから逸れたことを書いたら、読んでいる人は混乱します。そうすると、あなたの主張もわからなくなってしまいます。

 

 

■最後まで読んでもらい、さらに売り上げにつながるコピーライティングテクニックを身に着けるには

 

ネットで何かを売ろうと思ったら、一番重要なのは「文章の内容」です。読者をひきつける文章がなくては売れません。モノを売るのは、言葉で納得してもらうことなのです。そんな方にオススメしたいのが「1億円ライテイング」です。1億円ライティングは、おもには情報起業のセールスレターの書き方がメインになっていますが、アフィリエイト、物販、など幅広いジャンルで活用できます。

 

 

この「1億円ライティング」を読み終わる頃には、あなたは売れるセールスレターの設計図が手にとるようにわかるようになっているはずです。もちろん私も読みましたがあっという間に読んでしまうほど面白い内容でした!

 

奇跡の文章講座&発送方法1億円ライティング


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。