いらない広告を排除してGoogleAdsenseのクリック単価を上げる

google-cell-adsense-267x300

 

一昔前とちかっがって大金を稼ぐことはできませんが、それでもなおアフィリエイターの中ではGoogle Adsenseは人気ですよね。Googleアドセンスの特徴はそのページに関する情報を読み取り、そのページにマッチした広告を配信するので一般の広告に比べクリック率が高いのが特徴です。そんな広告の中にはあまり好ましくないものが含まれているのです・・・。

 

 

アドセンスはアフィリエイトと違い、物が売れる売れないに関係なく、誰かがクリックするだけで報酬がもらえるシステムです。とにかく広告主が多く、いろんな広告を提供してもらえるので、広告に困ることはありません。

 

 

ですが・・・

逆に言えば、誰でも簡単に広告主になれるということです。

 

 

この言葉が指す意味はわかりますか??

 

 

通常、Adsenseは広告主によって、クリック単価が変わります。広告費の少ない広告主だともらえるクリック報酬が1円となることもあります。

 

Googleに広告を配信してもらい、アクセス数を稼ぐために広告主は、『キーワード』を選びます。ですが、競合が多いキーワードは1クリックあたりの費用が値上がりするので、それに近いニュアンスのキーワードをいくつも安い単価で契約する業者もいるわけです。業者によって安いキーワードを何百と契約するところもあります。

 

つまり・・・そういう広告が配信された場合、クリック単価は恐ろしく安い単価の報酬しか受けることが出来ないということです。

この恐ろしく安い単価の広告は、ただクリック単価が安いだけでなく、様々なキーワードを取得しているため『よく配信されてきます』

 

 

特定のウェブサイトからの広告をブロックするには???

 

特定の URL からの広告が表示されないように設定するには、[広告の許可とブロック] タブを使用します。アカウントにログインします。

 

ad

 

[広告の許可とブロック] タブにアクセスします。 サイドバーのブロック オプションで、[広告主の URL] を選択します。

 

表示されるボックスに URL を入力して [URL をブロック] をクリックします。ブロックした URL の広告は 30 分以内にページでの掲載が停止されます。

 

たったのこれだけです、少なからず広告クリック単価が上がります。少なくともスパムのようにAdsenseに配信される広告を消す事で、ただでさえ減少傾向にある平均クリック単価も少しは上昇していくはずですよ。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。