さくらサーバの独自ドメインを使ったメールアドレスの設定方法

 

20120407_server_1_thumb

 

さくらサーバーで独自ドメインを使ってメールアドレスを取得し、使用する手順について解説いたします。さくらサーバは値段が安く、マルチドメインでメールアドレスを作成し放題なのですが、独自ドメインを使ったメールアドレスの使用がわかりにくいですね。

 

 

1.独自ドメインをサーバに追加されている必要があります。
独自ドメインの追加方法については 「さくらサーバでのドメインの取得と設定」 をご覧ください。

 

2.メールアカウントを作成していない場合は、メールアカウントの作成を行います。メールアカウントの作成方法については 「さくらサーバでのメールアドレスの作成・変更」をご覧ください。

 

 

3.ご利用のメールソフトに、独自ドメインのメール設定を行います。
下記の参考例を、ご利用の独自ドメインへ置き換えてください。

 

○参考例(独自ドメインとメールアドレスの状態)

 

独自ドメイン例
example.jp

メールアドレス
info@example.jp

 

 

○上記を元にしたメールソフト設定例

 

メールアドレス
info@example.jp

受信メールサーバ
example.jp※1

送信メールサーバ
example.jp※1

受信(POP)アカウント名(受信ユーザー名)
info@example.jp

メールパスワード
メールアドレス作成時のパスワード

 

※1受信メールサーバ・送信メールサーバは、初期ドメイン(example.sakura.ne.jp)でも利用可能です。
※2受信(POP)アカウント名は使用するメールアドレスそのもの(info@example.jp)を入力します。

 

 

2

 

 

POPとsmtpを「※※※※※.sakura.ne.jp 」に設定。

※部は契約したドメイン名を入れます。契約内容が書かれたメールを確認してください。

 

また、windowsメールで受信する際はsmtpのポートは587に設定しないと受信できませんし、送信メールサーバの設定で「このサーバは認証が必要」をチェックする必要があります。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。