オールドドメイン(中古ドメイン)のSEO効果は本当にあるのか?

かなり前から中古ドメインはSEO効果があるのかという話がありますが、実際のところその効果については賛否両論があります。この中古ドメインを使ってサイトを運営する、または被リンクもとのサイトを構築するといったことが目的だと思います。結論から言えばを言うと、中古ドメインを利用する事はお薦めしません。

その理由として、下記のサイトがどのようなSEO対策をしていたのか、どのようなサイトを運営してどのように更新していたのかが不鮮明だということです。たとえば、そのサイトが過剰なSEOやスパム行為を行っていたとすれば、そのドメインを使ってサイト運営を行っても検索順位が一向に上がらないという可能性すらあるわけです。

そして、気になるSEO効果についてですが、中古ドメインを利用しても、以前よりも上位表示されにくいという傾向にあります。中古ドメインが流行りだしたときは、ページランキの高い中古ドメインさえ利用すれば、サイトの内容がある程度適当でも上位表示可能でした。

ですが、現在はリンク元とリンク先の関連性評価や、アンカーテキストのマッチ具合といった要素の評価が強まっているため、ドメインが古ければいいというような考えは通用しなくなってきています。

 

たしかに、ドメイン暦が長いサイトの評価は高めになっています。ですが、現在は「ユーザビリティ」の評価が比重を重くなってきています。

ここはいろんな方で議論の対象にもなっていますが、いったん手放したドメインはドメインエイジが0として評価されるという話もあるくらいです。

しかし、中古ドメインになる前に運営していたサイトと中古ドメイン購入後に新規で作るサイトのテーマが一致していれば上位表示しやすい傾向にありますので、場合によっては効果的である、ということになります

 

まとめ

あああ

 


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。