会社設立1ヶ月でも審査が甘く、楽に通る法人クレジットカード4選

会社を設立したら、あるいは事業をはじめたら経費を使う機会は無数にありますし、個人と会社のお金が混ざり合うと経費処理も大変になっていきます。そこでありがたいのは法人カードです。

会社や事業で使うお金は法人カードで支払うようにすれば、カード明細がそのまま経費記録になりますからとても便利ですし、カード利用後の口座引き落としも翌月以降となりますから設立間際の頃はキャッシュフローとしても助かります。

今回はそんな法人カードについてその内容をご紹介していきます。

 

法人カードの定義

まずは法人カードとはそもそも何かということをご紹介します。

今やほとんどの人が個人でカードを持たれていて、よく使われている方もたくさいらっしゃいますが、法人カードというのは法人向けクレジットカードのことです。コーポレートカードやビジネスカードと呼ばれることもあります。法人でなくても事業をおこなっている個人事業主最近も対象になります。ですから、仕事の事業用経費用と捉えるといいと思います。

個人カードを仕事専用に使えば同じことだと思うかもしれませんが、その場合はいちいち経費精算をする必要が生じます。法人カードにすることで最初から法人の使用限定として使えるようになりますから、都度の処理が不要です。

また法人カードならではの使い方として会社の中で社員が複数でそのカードを利用することができます。この場合引き落とし口座は会社の口座になりますから、一つ作って社員全員に持たせれば、経費精算業務がとても効率よくできるようになります。

個人カードと違って年会費がかかるところがほとんどですが、個人カード以上の様々な特典が用意されていることもあります。何より使用額は個人と比較にならないほど高額にになることが多いのでポイントなどがたくさんたまるようになっています。 

 

法人カードのメリット

 続いて細かくメリットを見ていきましょう。

1.支払いサイクルを遅らせることにより資金繰りの改善ができる

設立直後にはキャッシュフローは大きな問題です。

法人カードを使えば口座からの引き落としは翌月以降になりますから創業当初の資金計画が円滑に行えます。

2.事業運営上の支払にもそのまま利用できる

個人カードの規約ではたとえば「販売用商品の購入、仕入れ代金の支払いには使えない」となっており、こうしたものには使えません。

また、あくまで個人用なので、高額の取引を短期間で頻繁に行えばカード会社が利用をストップすることもあります。ですからやはり個人カードを本格的に仕事に使うのはリスクがあります。

その点法人カードは商品の仕入れ、通信費、広告費、文具やコピー用紙など事務用品の購入、交際費、配送費、出張費など多面的に利用が可能です。

3.公私の区別が簡単になる

法人カードの最大のメリットの一つが、公私のお金の区別がはっきりするとこです。

個人カードで交際費や備品購入などをすることはもちろん可能ですが、個人カードでは利用停止になるほどの金額を使うことも考えられますし、どの支払いがどっちだったかわかならくなる可能性もあります。

その辺のことを全く考えなくて済む法人カードは経費管理を大いに楽にさせます。

4.法人カードを使えばカード支払い情報を会計と連動できる

法人での支払いをカードに一元化すればクラウド会計との連動によりさらに便利になります。

カードの利用明細をそのまま企業の経費管理に連動できるのがクラウド会計です。領収証を一案件づつ手入力することが会計ソフトには必須作業ですが、カードの場合はそれが不要になります。カードの情報をクラウド会計システムに自動記帳させることも可能です。

5.社員による経費立て替えの諸問題が解決する

法人カードは社員それぞれにも持たせることができます。社員もひとりひとり経費を使うわけですからとても便利になります。カードがなければいちいち領収証を出して清算するから面倒でもあるし経理担当者の業務量はバカになりません。

また、特に出張などは立て替えて出張後に清算となると社員の負担になってきます。そのため仮払いでいったん5万円などまとまった額を出して、出張後に領収証によって相殺で清算する会社もありますが、これはまたかなり面倒な作業です。

法人カードを持たせることでこの問題はなくなります。

さらに高速料金などについても法人カードでETCを作れば社員の負担はなくなりますしガソリン代の立て替えもなくなります。

6.経費レポートでコスト削減に役立つ

経費管理は特に設立当初は面倒な仕事です。日々の入出金もそうですが、何にいくら使ったかを月別、四半期別、半期別、年度別などでデータとしてみたくてもなかなか面倒で後回しになったりします。

法人カードであればカードが会社が支払レポートを送ってくるので自動的に経費明細ができが上がりますし、カード会社によっては前述のような内容のレポートを送ってもらえます。

こうなればなんの手間もかけずに、事業遂行上、どんな風にお金がいくら使われているかを一目で見ることができるので、戦略的に経費を考えることができるようになります。

7.法人クレジットカードの特典がある

法人カードでもおおむね個人カードのようにポイントがたまるようになっています。

この場合、使用額は事業で使う経費の額ということになっていきますから、かなりの額になっていくと思われます。したがってポイントも個人に比べて大きくたまっていきます。

たまったポイントは商品券やレストランやホテルなどに使用できます。

そしてポイントだけでなく、法人カードは顧客を対象にしたビジネス関連に有意義なサービスが付帯されています。

例を挙げると

・出張などで飛行機等を使うとき傷害保険がついている

・レンタルオフィスや会議室、バーチャルオフィスが使える

・空港ラウンジを無料で利用できる

・企業情報などの入手が無料でできる

・スポーツジムなど各種施設を会員価格で利用できる

などなど

内容はさまざまですがサービスとして最初から組み込まれています。

これらはみな社員に追加カードを持たせればそのまま全員に有効となるので、社員の福利厚生にもなります。

8.会社として信用性が増す

法人カードを申し込むと、カード会社の入会審査があります。これはかなり厳しいと言われていますので、法人カードを持っているだけでその厳しい基準をクリアしたことになり、会社の信用性が増すと考えることができます。取引先の立場でみれば支払がカードであれば安心できますのでその観点からも信用アップにつながります。

法人カードの選び方

このように便利な法人カードですが種類のほうはやはり多くてどれにすればいいかは迷うところです。

そこで3つのポイントをご紹介したいと思います。

1.会費など

法人カードはおおむね年会費がかかります。

数千円のものから数万円のものまでありますが、初年度無料とかキャンペーン期間中は無料などいろいろな運用がされていますので、タイミングを計ることも大事です。

また会費は高くても、利用レポートが丁寧だったりポイントなどの特典が充実していたりするので総合的なサービスの見地から考えたいものです。

2.特典

ポイントやホテルなどの施設利用ができるなどの内容です。従業員の福利厚生に使える、出張に利用できる、ポイントがとにかく高い、などの自社の経費利用に役立つかどうかも見るとよいと思います。

3.ステータス

代表者がもつのには、審査基準が厳しいものがいいでしょう。それをクリアしたという信用の証になります。

 

審査が楽に通る法人クレジットカード4選

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

会費2万円税別

特典が充実しています。365日24時間対応の秘書代行サービス、障害保険、コナミクラブの優待券などがあります。年間に200万円以上の利用で翌年年会費が1万円に下がります。

JCBゴールド法人カード

年会費1万円。税別

入会キャンペーンを頻繁に行っているのでホームページなどでタイミングをみて加入するのがよい。

オリコ・エグゼクティブ ゴールド フォービズ

年会費2,000円税別

初年度はキャンペーン等無関係で無料でもありコスト安

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス

年会費10,000円(税抜)

機能としてはカードのベーシックなサービスなので、ゴールドカードというステータス優先の人には向いている

 

まとめ

長くなりましたが、以上で設立一年目でも審査が通りやすい法人カードのご紹介と、その内容、メリット、選び方をご紹介してきました。

法人カードを事業運営に効率よく取り入れて有効利用してみてはいかがでしょうか。


 

記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!