2018年8月に実施されたGoogleコアアップデートで整骨院などの治療院の順位が落ちまくり!?

ご存知の方も多いと思いますが、2018年8月に実施されたGoogleのコアアップデートが実装され8月も大幅な変動がありました。今回のアップデートを簡単にまとめると、「過小評価されていた他のサイトの順位が上がったので相対的に落ちる」とされています。ですが、どう見てもおかしな動きが起こっている業界があります。それが整骨院をはじめとした治療院業界です。今回、この治療院業界にスポットをあててお話をしたいと思います。

今回のアップデートの内容とは

いろんな情報を調べたり、同業と情報交換を繰り返した結果・・・結論からいうと、「不明」です。

しかし傾向は判断できます。今回のコアアップデートにおいて大きく影響を受けたのは

  • 健康・医学・治療院
  • 美容・ファッション
  • ブライダル・恋愛
  • お金に関するサイト
  • 整体院

その中でも注視する点は治療院です。弊社は何百というサイトをチェックしていますが、ほとんど影響を受けたのは治療院です。

その中でも今まで上位表示していたサイトが軒並み順位が低下しております。しかも落ち方がえぐいくらいの変動が起こっています。

上位表示していた治療院、全滅。。。

こちら、実際に順位を追いかけていた整骨院の順位の落ち方です。8月に大きく落ちているのがわかるかと思います。

では、そのサイトに問題があるか?というと特に問題らしい点もなく、さらには競合すら軒並み順位を落としている状態です。今まで上位表示していたサイト群が完全に消えています。

さらには今上位表示しているサイトは見たこともないようなポータルサイトや、ブログすら更新していない、ページも少ない、WIXで作ったような手作り感のあるサイト、スマホにすら対応していないようなサイトばかりずらっと並んでいます。

ユーザビリティ100%壊滅状態のサイトが上位表示!?

ちなみにこちらが実際に「あるエリア名+接骨院」で検索した場合に3番目に突然表示されるようになったサイトです。

スマホに対応していないどころか、いまだにFLASHがおいてあり、httpsにも対応していない、ページもほとんど存在しないし、ブログもアメブロになっています。

どう考えても従来のSEO対策とは逆の方向を向いているとさえ思えるサイトが上位にきているんです。

YMYL関係の話題に厳しくなっている?

これはGoogleでよく言われている傾向ですが、Your Money Your Life、つまりお金健康に関することを指します。お金と健康に関する情報は、誤ったものであれば1人の人生を狂わせる可能性があります。だからこそ、専門家が運営しているサイトを優遇するようになっているとされています。

ですがここで問題があります。整骨院・鍼灸院といった治療院は国家資格を持った方が運営される医療機関です。そんな方が一生懸命ブログやページを更新しているのに、順位を落とすというのはいかなるものなのでしょうか?

特に、先述の通り、「ログすら更新していない、ページも少ない、スマホにすら対応していないようなサイト」を上位表示させるという行為は、ユーザービリティの面では患者様にとってはマイナスでしかありません。この理不尽、googleはどう考えているのでしょうか。

以前聞いた、「治療院業界の定義」の謎

以前、脂肪吸引や二重まぶたにするなどの美容手術でどう変わったかを示す”ビフォーアフター写真”を、医療機関のサイトに掲載することを原則禁止する方針が、厚生労働省により発表されました。これにより、美容鍼灸のホームページでbefore/afterを掲載することが大丈夫なのか、というのが業界で話題になりました。

 そしてある美容鍼灸専門の鍼灸院を経営されている方がこの件で厚生労働省に問い合わせた結果、鍼灸院はbefore/afterを掲載すること自体は規制の対象ではないという回答があったとのこと。その時の理由は「鍼灸院は医療機関ではないから」ということでした。

ということは、整骨院や治療期間は医療機関じゃないから、そんな機関がブログで記事を書いているから今回の順位が下がったというのでしょうか?

そんなふざけた話はないと思うのですが。。。

結論は様子を見るしかない

結論だけ言えば、すごいストレスではありますが様子を見るしかありません。

おそらくいずれ安定はするだろうと思います。ですが今回の治療院に関する順位下向は不公平すぎます。

 

いろんなSEOの専門家?がWEB上でいろんな情報を出し合っていますが、この治療業界においてはあきらかに異常な動きが起こっており、誰しもが原因を説明できないような状態といえます。

 

早いgoogleの対応を願うしかありませんが、今回のことでもいえるのがSEOに頼り切った集客は危険であるということ、そしてSEOが目的になっている経営者が多いということです。

SEO対策はしょせんアクセスアップの一つにしかすぎません。また、SEO対策についてもあきらかにおかしな点も存在します。

 

SEO対策以外にも、SEM(広告などを使ったマーケティング全般)、SMO対策(SNS集客)、MEO対策(マップ集客)といった様々な戦略があり、それと合わせて受け皿であるホームページの改善というのも必要となります。

googleの挙動に振り回されないためにも、リスク回避と集客方法を分散させるということがこれからは大事といえます。


           
 

記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!