DeNAが「WELQ」全記事を非公開に?本件から見える著作権とSEO対策の問題について

DeNAが運営する美容や医療系の情報を発信しているキュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」の全記事を非公開化し、全ての広告商品の販売を停止しました。最近このウェルクの問題がよく出されていますが、いったい何がいけなかったのでしょうか。

 

まず文章の盗用問題について

 

wr

 

このサイトの記事は外部ライターが作成していたようですが、その記事の内容は、他社サイトの記事をリライト、つまり参考にして内容を改良して投稿していたとされています。

 

サイトの構成や画像などは参考と同じであることも珍しくないようです。

 

自分のサイトのテキストがぱくられた!とコメントするサイトもあるようですが、実際のところ、著作権違反に該当するのかがかなりあやふやなようです。さらには、中身の情報が不適切では無いか、という指摘が多いようです。

 

しかし、それ以上に気になる人も多いgoogleペナルティ問題

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パンダアップデートにかからないの????

googleはコピー記事に対してペナルティを与えます。今回の場合、googleのいう他のサイトのコピーに当たるのではないか?という問題も出てきています。ですが、実際のところ、このWELQ(ウェルク)の記事は検索上位に出てくる記事も多数存在しました。

 

なぜ、これだけコピー問題が起こっているのに上位表示しているのか?

 

その答えは、結局googleのガイドラインに引っかかっていないから、といえます。実際のところ、同じテキストでは無い以上はペナルティの対象にならないということでしょう。

 

welq(ウェルク)が検索上位にいたと思われる理由

 

1、SNSでの言及数が多い

2、記事の更新頻度やテキスト数が多

3、さまざまな媒体で取り上げられてている

 

大きく上げると上記の理由が挙げられます。

 

結局のところ、2ちゃんねるまとめやネイバーのように、アクセスが多いサイトはある程度のグレーゾーンは許してしまうのでしょう。

 

今後のキュレーションサイトやまとめサイトの動向について

 

na

 

前々からネイバーや2ちゃんねるまとめサイトは順位が落ちるといわれながらも、数年たった今でも落ちる兆しはありません。

ですが、今回の問題でいえることは、googleに引っかからなくても、別の問題が起こりかねないということです。

 

ただ、今回の場合は以前から指摘があっていたものを放置していたDeNAに問題があったのではと考えています。

 

今回の問題を元にいえることは、結局のところはアクセス至上主義というgoogleの方針がやはり問題なのではないかな?と個人的に考えてています。ある程度ノズルもgoogleは許容してしまうのでしょうね。

 

ただ、だからといって、盗用などの別の問題が残っているということがあることは覚えて起きましょう。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。