【2017年最新】多くのサイトが悲鳴をあげたペンギンアップデートの対策と復旧方法について

先日、googleがペンギンアップデート 3.0を実施しました。

これにより、、、残念なことに、私の管理しているお客様のサイトがこの影響を受けて順位が落ちたサイトがでてきました。

今回のアップデートによりどのようなことが起こったかというと・・・

簡単に言えば、今回も過剰SEOを行っているサイトに対して順位を落とすというものです。なのに、なぜ多くのサイトが影響を受けているのでしょうか。

 

キーワード詰め込みスパムを排除??

同じキーワードを、別のキーワードを交えつつ繰り返している Web サイトの順位が落ちている傾向にあります。キーワード出現率がやたらと高いサイトのことです!

 

さらに、alt 画像やメニューリンクなどに対策キーワードを多く埋め込んでいる Web サイトの順位下落が目立ちます。

 

さらに、似たようなコンテンツ、またはコピーコンテンツをもったサイトも大きく順位を落としています。

 

今までのペンギンアップデートは10位程度落とす、かわいいものでしたが今回はパンダアップデート並に順位を落としちゃってくれるようで、人によってはかなり致命的なダメージを受けてしまった可能性があります。

 

pen

 

こんなにガクッと落ちるとやる気もなくなりますね。。。

 

他の会社のWEBサイトのコンサルをしている立場ではありますが、内容の詳細まですべてチェックできるわけではないので、ボロがあると順位が落ちてしまうことがあります。

 

できれば最初から質の高いサイトを作るように心がけておいてくださいね。

 

もしかして、アフィリエイトサイトを嫌っている?

 

管理しているサイトの中でも最も影響が受けたのがアフィリエイトサイトでした。別の理由があるとは思いますが、アフィリエイトをしている人の多くから「順位が落ちた!」という報告を受けています。

 

もしかすると、ページ数の割りに発リンクが多いアフィリエイトサイトをgoogleが嫌っているのかもしれませんね。もしもそうであれば、アフィリエイトターにとっては大問題です、、、


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。