中小規模のサーチエンジン登録はもうSEO効果が無い?という訳ではないです、使い方次第です。

2014年、いまやすっかりSEO業界も変わってしまい、上位表示は難しくなっていますね。2010年以前は、yomi-searchなどの中小検索エンジンに登録するだけで上位表示できた時代でした。

ヤフーに関しては、ヤフーカテゴリに登録しているだけで結構簡単に上位表示ができましたね。そんな中小規模のサーチエンジン登録はもうSEO効果が無いのでしょうか?いや、実はそういうわけでないんです。

 

上記の通り、以前は被リンク数さえ多ければ上位表示できたので、中小サーチエンジンに登録がとても効果が高かったのです。私はサーチエンジンを1万アドレスくらい所有していたので、登録代行業務も行っていました。

被リンク数よりも質が重要になった現在では、

もう中小検索エンジン登録ツールは効果が見込めない??

 

いえいえ、

実はそうではありません。

キーワードにもよりますが、

中小サーチエンジンに登録するだけでもある程度順位を上げることはできます。

 

ただし、数が多くなるとペンギンアップデートの影響を受け、

順位を下げることがあります。

 

これによってペナルティを受けた、

という相談を受けたこともあります。

 

ここで大事なのが、

「正しい中小規模のサーチエンジンの使い方」を覚えることです。

 

正しい中小規模のサーチエンジンの使い方

 

例えば、上位表示させたい「美容サイト」があるとします。
このサイトに対しては一切サーチエンジンに登録しません。

 

そこで、美容関連でスモールキーワードを狙う独自ドメインで、さらにIP分散したサテライトサイトを一件作ります。そのサイトに対して、サーチエンジンや無料ブログからリンクを送ることで、サテライトサイトの検索が上になってきます。

 

そのサイトから「美容サイト」にリンクを送るという、

リンクピラミッドを作るわけです。

 

600x1200

 

そのときにサーチエンジンの登録は10件程度、

無料ブログからも2,3だけにするのがポイントです。

 

一定の被リンク数を超えるとチェックが入るという、

閾値があるようですのでそれを超えない程度でしたら大丈夫です。

万が一、問題になったとしてもそのサテライトをたためば終わり、

ということでリスク分散もできます。

 

また、サテライトには絶対にウェブマスターツールやアナリティクスを入れないこと、これは関連性をつけないために必須です。

 

また、IP分散などもしないと、被リンク元は4箇所までたどられますので、自作自演がばれてしまいます。ご注意を。

 

サーチエンジン登録が面倒な人はDeep Registなどを使ってみてください。

お試しあれ、です。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。