マメボーwさんのサイトが検索結果から消えた!その理由はgoogleによる手動ペナルティ!のようですが、なぜばれたのか?

pena

 

なんか先日からアクセスが増えたので何だ?と思って調べてみたら、どうやらマメボーwさんのサイトがペナルティを受けたようで。以前作成した、誤ったペナルティ対策について~マメボーwさんの事例について~からアクセスが発生していることからも皆さんの注目の的になっているようです。

 

なんかこちらの記事が今回のことを予言していたような気もしています^^;今回のケースにおいては様々な憶測が飛び交っていますが、私個人としての意見を述べます。

 

賢威テンプレートが悪い??

 

h2-item

話題になっているのが、マメボーwさんの一番の稼ぎ頭「賢威テンプレート」を使用していたからペナルティを受けた、という意見です。

 

これについては、

私はテンプレートは関係ないと思います。

 

現在、html構造などについては評価がほとんど無く、単純にテキスト評価をメインに判定しているというのがSEO業界の通説です。いまやテンプレートによって順位が上がりやすいという恩恵もほとんどなくなっていますので、そういう事情からもテンプレートが悪さすることはないでしょう。

 

さらに、私の複数運営しているサイトや他のも含めて順位に変動は起こっていないことからも、賢威テンプレートは関係ないと考えています。

 

と、いうことで、テンプレート製作者である、

松尾さんには間違えても攻撃しないように~。。。

完全に風評被害ですな。

アンリミテッドアフィリエイトの教えで作られたサイトが ダメ??

話が飛びすぎている考え方だと思います。

そうなればほとんどのブログアフィリエイターが消えています。

ただ、少し気になるのは、・・・

 

■かなりの頻度で記事からアフィリエイト教材にリンクを飛ばしている

■被リンクサービスをアフィリエイトしている

■「SEO」などで検索上位を狙っていたのに、お小遣い系の記事が多いことでテーマが分散している

ここら辺は何かしら問題になっていた可能性はあります。

 

※追記(2/22):マメボーwさんは、未来派野郎hiroさん、MOTOさんと共に
作成した「LUREA」という商材を販売されていて、その中に「WEAPON SITE」と呼ばれる被リンクを送るというサービスがあるそうですが、それからリンクを受けているサイトも順位が落ちているそうです。これからも間違いなく被リンクが問題だと考えられます。

 

サイトのテーマは重要です。SEOでたどり着いたのに、内容がお小遣いサイトというのはミスマッチですからね。お小遣い系がダメってワケじゃないですがやりすぎはだめ、ってことです。

111

↑ペナルティレポートにも、誘導ページで構成されている、という記載はあるので、関係している可能性は高いかと思います。

 

今回の原因である可能性が高いのは被リンク?

 

何度も言いますが、冒頭で述べている以前記事の通りに、マメボーwさんはインゴッドSEOなどの被リンクサービスに申し込んでいるのは周知の事実です。それが原因でペンギンアップデートの影響も受けています。

 

mainvisual

 

ちなみに・・・このインゴッドSEOは以前から問題になっていますし、私の所属している全日本SEO協会の鈴木理事長に以前インゴッドSEOのことをうかがったときは非常に罰が悪そうな顔をしていました。インゴッドSEOの件で、SEO協会のサービスである「サテライトビルダー」を削除せざるを得なくなったわけですからね。

 

※サテライトビルダーは、被リンクを供給するためのオールドドメインを使ったブログから会員に50サイトまで無料で自由に作成できるというサービス。

 

リンク供給目的のサテライトサイトはgoogleは完全に把握しており、googleの特許からもリンク元は4つまでたどられていることが公開されています。どんなにごまかしてもリンク元はばれていると思ってください。

 

リンク購入はgoogleから禁止されています。それを堂々とOPENにしていたわけですし、ご自身で「マメゴットSEO」という被リンク特典をつけていたくらいですので、それを密告されていたのが止めだったのかもしれませんね。

 

mameseo2

 

※意図はわかりませんが、現在はマメゴットSEOの部分を削除されたようです。本当はリンクが原因だとわかっているのかも??

 

 

前回の記事に記載したとおり、被リンクや過剰SEOに対する影響を与える、「ペンギンアップデート」の影響を受けているくらいなので、以前からgoogleに目をつけられていたのでしょう。

 

ペンギンアップデートが復旧が難しいといわれているのが、被リンク元を綺麗にするのが難しく、ブラック判定を受けてしまうからです。

 

だからこそ、

本サイトを捨てようと考えていらっしゃるのかもしれませんね。

そもそも、ペナルティは何度も受けているあたりに疑問が。。。

 

googleにはリンクを買っているのはばれている

 

tokkyo

ハイパーリンクされたデータベースにリンクスパムを検出するための方法に関するgoogleによる特許が上記のものです。様々な方法によりリンク購入を見抜いています。

 

詳しい内容を知りたい人は・・・

ブログでは面倒ですので直接質問してください。

 

 

また、

こちらのデータの図を見ましょう。

image

この図はgoogleがWEBにおけるサイトのIPアドレスを図化したもので、
黒色がスパムをしているサイトになります。

 

黒同士が隣接しているようにスパム行為をしているサイト同士は密接な関係があるということがわかるようになっています。

 

ようするに被リンクサイトを一括で管理している会社は、
googleにすでにばれていることになるわけです。

 

 

「クリックされるリンク評価(陽リンク)」システムの導入により、クリックされないリンクのSEO効果が低くなっている時代です。

 

リンク丸出しのサテライトサイトなんて面白くないですし、リンクをクリックしないですよね。検索にかからないようなサテライトから被リンクをもらって効果が出る時代は終わり、、てことです。。

 

マメボーwさんから学ぶ、ペナルティ回避

 

・リンク購入が見に覚えがあるなら、google関連ツールに手を出さない

ウェブマスターツール、アナリティクスなどから芋づる式で管理サイトすべてがばれます(相互リンクでばれることもあります)。ホワイトSEOしかやっていないのであれば堂々としていればOKです。

 

特に最近ウェブマスターツールは順位測定したり、登録させることにメリットを持たせようとしています。自分から進んでコンテンツや被リンク元を公開するわけですから、ペナルティを受ける可能性は高くなります。現にマメボーwさんはどちらも登録されています。

 

・被リンクサービスを堂々と公言している業者からリンクを買わない

・yomiserchなどの被リンクは下層ページ、サテライトに10件程度使う

・サイトのジャンルからそれないこと

 

そんな感じです、

コンテンツに対する手動のコンテンツペナルティだから、

被リンクは関係は関係ない?かというと色んな状況が組み合わさってこんなことになったんだともいます。何度もペナルティ受けているわけですからね。

 

ブラック判定を以前から受けているのは間違いありません。

 

ホワイトSEOがんばりましょう、ってことです。

ペナルティは受けることは恥ずかしいことではありませんし、

珍しいことではありません。これから失敗しないようにがんばりましょう!


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。