なぜネットビジネスの人は収入を月商で公表するのか?【月商】と【月収】の違いを頭に叩き込みましょう!

今回の記事は絶対に覚えていて欲しいことが、【月商】と【月収】というワードの違いについてです。 ”商品を仕入れて高値で転売する”、というビジネス手法「せどり」の教材販売ページや、それを宣伝するアフィリエイターがよく文章に使ってくるキーワードが【月収】です。この【月商】と【月収】の区別をしっかりと頭に叩き込みましょう。

【月商】100万と【月収】100万は全くの別物です。

たとえば、90万の仕入れを行って、

100万の商品を販売できたとすれば、それは【月商】100万。

ようするに、利益は10万しかないわけです。

 

アフィリエイトで100万の報酬をえたら、

それは【月収】100万。

利益は100万円です。

 

その中で、固定経費も仕入れ費用も人件費も充当できなければなりません。

 

そこに消費税や所得税がかかるわけですから、

上記の事例でしたら赤字になることがほとんどでしょう。

 

この月商マジックで多くの人たちがだまされている

この表現を使って、せどり塾やPPCアフィリエイト塾(広告を使ったアフィリエイト)のセールスレターで観閲者の欲望を煽っているわけです。

 

とある、著名人プロデュースの「高額せどり塾」のに二期生募集のセールスレターでも「月商3558万円」というような数字を謳っていますが・・・

 

result_01

 

結局、利益がどれくらいのかが一切不明です。

 

さらに、これって一日の売上で言えば100万円単位です。

普通に考えればそれだけ仕入れも行っているわけですので、

資金源も必要になることになりますよね。

 

もしも、それが不良在庫になったと思うと・・・・

恐ろしいものです。

多くの魅力的なセールスレターは

「月収」では無く「月商」で何千万と謳っています。

 

この時点で頼性に欠ける教材だと考えましょう。

 

 

こんな感じで、ネットビジネス以外でも堂々と月商という表現は使われます↓↓

 

 

例え純利益である程度儲かっていたとしても、

リアルな純利益ではピンとこないですし効果がありません。

 

月商と月収の区別のつかない人もいますから。
むしろ彼らが商材を売りたいお客はそういう人達というわけです。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

國武直樹

合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。