adsenseアカウント再取得方法を覚えておこう!突然のアカウント停止も怖くない!

images

以前、当ブログでGoogle Adsenseアカウント復活&再取得方法という記事を作成しましたが、adsensアカウントの再取得方法についてもっと具体的に説明します。金稼ぎができないとはいえ、アドセンスは定期的に安定して収入が発生するので私も重宝しています。ほうっておいても10万以上の利益がでているのに、もしもアカウントが停止されたら???そんな状況になったときのために、アドセンスの再取得方法を覚えておきましょう。

 

そもそも、adsenseアカウントの停止とは??

ある日いきなり、以下のようなメールが届きます。

Google で定期的に行われている調査によりますと、お客様の AdSense アカウントは AdWords 広告主に重大なリスクをもたらしていることが確認されました。このアカウントを引き続きサイト運営者ネットワークで使用できるようにすると、今後広告主に費用上の損害が及ぶ可能性があるため、アカウントを無効にしました。

 

こんなメールが突然来たのであれば、

 

「ファッ!?」

 

と驚きを隠せない状況になると思います。

原因として挙げられるのは、自分でクリックをしていた、クリックを依頼した、掲載してはいけないテーマのサイトに掲載した、コピペサイトに利用した、といった様々なケースがあります。

 

通常であれば、いったん警告がきてアカウントを停止させられることはありますが、いきなりのアカウント削除なんてケースも見受けられます。停止であれば対応することで復旧できますがアカウント削除の場合は・・・

 

「どうあがいても絶望」

 

復旧は無理だと理解しておいてください。

ただ、可能性は若干ながら復旧できることもあります。

 

対策:だめもとで異議申し立てフォームから再開の依頼をする

 

問題を修正して、googleadsensの異議申し立てフォームより、

とにかく反省したのでもうやらないよ、というような内容で送信します。

運がよければ復旧できることあるようですが確立はかなりきびしめです。

ただ、やらないよりはましです。うまくいけば儲けものってことで最初にやってみましょう。

 

 

そこでadsenseアカウント再取得方法を試しましょう

 

復活をさせるためには、必ず依然使っていたサイトにはadsenseを使用しないことです。以前のサイトと新規アカウントの関連性をもたせないことです。結局同じサイトに掲載するということは同一人物がやっているということをみすみす教えることになります。同じ内容のサイトで広告を張りたいのであれば、ドメインを引っ越すしかないでしょうね。また、下記の銀行口座や住所でばれることもあるようですので、いろいろと工夫してみてください。

 

■アドセンス再取得に必要な手順

アドセンスに申請するためのブログを作成します。

あとは10記事くらい内容を作成して、申請するという簡単な作業です。

かなりシンプルですが、それだけです。

 

ほって置けば後に復活できる可能性もある???

実は簡単に再取得できたという事例があります。

それは、半年以上待ってから再度アカウントを取得するというものです。

 

時間がたつと過去のデータを消しているという可能性があるようで、時間がたったあとに申請すれば何事もなく再開できたという事例があります。実は、その中の一人が私です。既に停止されてから時間がたっている人はそのまま申請してみてもいいかもしれませんね。


記事が参考になったら是非シェアやイイネをお願いします!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    國武直樹

    合同会社ヒゴワン、株式会社ヒゴワンコンサルティング代表取締役、全日本SEO協会公認コンサルタント。SEO対策サイト数は2000を越え、アクセス数を200倍以上にした事例なども多数存在し、また、熊本、福岡、岡山、大阪、東京、神奈川と全国にクライアントを持ち、日本一の通信販売会社やセミナー会社、年商50億を超える企業のWEB集客・企画ディレクションを担当。 整骨院、歯医者、鍼灸院などの治療院を中心に、ネットショップ、不動産会社、美容室、ブライダル、音楽スクール、などあらゆるジャンルにおいて集客指導を行っている。